2018年11月01日

平成30年11月23日 新穀感謝祭(新嘗祭)

平成30年11月23日 新穀感謝祭(新嘗祭)

岡山県護国神社 神事 11:00〜

「国民の祝日に関する法律」によれば、11月23日は「勤労感謝の日」とされ、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」であるとされています。

もともとは「新嘗祭(にいなめさい)」と呼ばれ、その年の収穫を感謝する祭儀(さいぎ)です。
農業国家である日本は、古くから五穀(ごこく)(米・麦・粟(あわ)・黍(きび)・豆)の収穫を祝う風習がありました。 その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、大事な行事として飛鳥(あすか)時代の皇極(こうぎょく)天皇の御代(みよ)に始められたと伝えられています。
古くからの国家の重要な行事であり「豊葦原瑞穂(とよあしはらのみずほ)の国」の祭祀を司る最高責任者である天皇が国民を代表して、農作物の恵みに感謝する祭祀でした。「新嘗(にいなめ)」とはその年収穫された新しい穀物のことをいいます。
新嘗祭のうち、天皇が即位してから最初に行うものを、特に大嘗祭(だいじょうさい・おおなめのまつり)といい、天皇の即位を天下に知らしめる一代一回限りの重要な祭典です。
毎年、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈り感謝するために、宮中では今年収穫された米と粟の新穀(しんこく)を天照大御神はじめ神々(天神地祇)にお供えし、天皇陛下御自身も召し上がられます。吹上(ふきあげ)御苑(ぎょえん)内にある宮中三殿(きゅうちゅうさんでん)(皇居(こうきょ)にある三つの神殿、賢所(かしこどころ)、皇霊殿(こうれいでん)、神殿(しんでん))の近くにある神嘉殿(しんきでん)にて執り行われます。全国でも新穀の収穫を感謝しお祝いします。

天皇陛下が御位に御付になる「即位礼正殿の儀」の後、はじめて行われる新嘗祭を特別に「大嘗祭(だいじょうさい・おおなめのまつり)」と申し上げます。
来年は御代がわりに伴い、「大嘗祭(だいじょうさい・おおなめのまつり)」が執り行われます。

※お近くの神社でもお祭りが行われますので、ぜひご家族でご参拝ください。

「新嘗祭」がなぜ「勤労感謝の日」に?
戦後敗戦国日本を間接統治していた占領軍(GHQ)が、米国で11月第4木曜日に祝われる「感謝祭の祝日」(英語: Thanksgiving Day)を基にして、"Labour Thanksgiving Day" (勤労感謝の日)としました。これは11月23日を単なる一休日として本来の歴史的意味を失わせ、皇室と国民が一体となった日本人の先祖伝来の大切な伝統風習の継承を妨げることを目的としているのです。
posted by 日本会議岡山 at 10:00| Comment(0) | 日記

2018年10月11日

平成30年11月18日(日) 教育講演会「取り戻せ!日本人の心」森教育学園

戦後70年を経て、政・官・財はもちろん、学校現場も問題山積であり、
特に各家庭に於いては虐待など凄惨な事件が後を絶ちません。
日本人は伝統的な日本人精神を失い、
日本は劣化の一途をたどっているのではないでしょうか。
今、真の日本人が必要な時です。真の日本人とは何か。
今の日本人に必要なことを学ぼう!

 会 場:岡山学芸館 高・中学校明道館(武道場)
     岡山市東区西大寺上1−19−19 駐車場有
 日 時:平成30年11月18日(日) 13時30分〜16時30分
 講演者:森 靖喜先生(森教育学園理事長)
 主 催:森教育学園「親学講座」・平成ビジョンの会
 後 援:岡山「正論」友の会・産経新聞社
 参加費:無 料
 問合せ:森 教育学園 086-942-3864
     平成ビジョンの会 090-4654-0263

CCI_000140.jpg

※ 録画録音写真撮影は主催者の意向によりご遠慮願います。
※ どなた様もご自由にご参加ください。
posted by 日本会議岡山 at 17:28| Comment(0) | 日記

2018年10月09日

平成30年10月31日(水)第8回 岡山竹田研究会 -日本を楽しく学ぼう-

◎平成30年10月31日(水)第8回 岡山竹田研究会 -日本を楽しく学ぼう-

21世紀に入り、ジャパン・ルネサンス(日本復興)の時代となりました。
日本が未来永劫 素晴らしき国として繁栄が続くことを願い、竹田恒泰先生の岡山研究会を開催させて頂きます。
日本人が古来より永々と語り継いでまいりました「日本の素晴らしさ」や「尊い智慧」を学び、これからの日本人の生き方を共に見つけてまいりたいと思います。
お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。心よりお待ちしております。

 日 時:平成30年10月31日(水) 18:30〜20:30 (開場18:00)

 会 場:岡山国際ホテル 岡山市中区門田本町4丁目1番16号 駐車場300台、岡山駅より無料送迎バスあり

 参加費:会員2,000円、非会員3,000円、学生無料(但し社会人学生を除く)

 講演者:竹田恒泰

 主 催:岡山竹田研究会事務局 (サン・クリニック アイナリーホール)
     岡山市中区中井2-15-19-2
     086-275-9501 (月〜金 9:30〜12:00)

※お電話にてお申し込み受付致します。
※お申し込みの上、ご参加下さい。
※お子様連れはご遠慮下さい。

CCI_000143.jpg
posted by 日本会議岡山 at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月25日

平成30年10月5日〜6日 岡山県戦歿者秋季慰霊祭 並びに 秋季慰霊大祭

◎平成30年10月5日(金) 岡山県戦没者秋季慰霊祭
 神 事:10:00〜
 場 所:岡山縣護国神社 岡山市中区奥市3-21
 主 催:岡山県戦没者顕彰会

DSC02765.JPG

◎平成30年10月6日(土) 岡山縣護国神社秋季慰霊大祭
 神 事:10:00〜
 場 所:岡山縣護国神社 岡山市中区奥市3-21
 主 催:岡山縣護国神社
※ どなた様もご自由に御参拝ください。

DSC02850.JPG
posted by 日本会議岡山 at 11:05| Comment(0) | 日記

2018年08月23日

【ご案内】警察庁が運転免許証の元号表記を西暦に変更する規則改定案を国民へ意見公募「締切は9月4日」

「元号」表記の維持を求め国民の声を警察庁に届けよう!

警察庁は、自動車運転免許証の有効期限の元号表記を西暦使用可能にする規則改定案を公表し意見の公募を開始しました。

現在、免許証に記載されている「交付日」「有効期限」「生年月日」などは全て日本の元号表記ですが、「有効期限」を西暦に改めようとしています。

警察庁は会見で「元号は外国人にとって分り難い」と語り、外国人の免許保有者数が86万人にのぼることや、マイナンバー制度で既に西暦が用いられていると説明し、西暦導入の必要性を強調してきました。

元号は日本独自の文化として、国民に長く定着してきており、国や地方公共団体は元号表記を公文書に使用し維持してきました。

警察庁の表記変更は、今後、他の公文書をなし崩し的に西暦に切替えていく前例になりかねません。
みなさん、元号を大切に思う真の日本人の声を警察庁へ届けましょう。

ご意見は氏名、住所、電話番号またはメールアドレスを記載の上、日本語で提出してください。
提出方法:@ 電子メールでの提出 untenmenkyo@npa.go.jp
     A 郵送での提出     〒100-8974 東京都千代田区霞ヶ関2−1−2
                  警察庁交通局運転免許課企画・法令係 パブリックコメント担当
     B FAXでの提出     03−3504−3611
以上の提出時には「パブリックコメント」と必ず記入してください。電話の受付はしていません。

CCI_000139.jpg

元号表記を維持.pdf
posted by 日本会議岡山 at 20:36| Comment(0) | 日記