2018年11月01日

平成30年11月23日 新穀感謝祭(新嘗祭)

平成30年11月23日 新穀感謝祭(新嘗祭)

岡山県護国神社 神事 11:00〜

「国民の祝日に関する法律」によれば、11月23日は「勤労感謝の日」とされ、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」であるとされています。

もともとは「新嘗祭(にいなめさい)」と呼ばれ、その年の収穫を感謝する祭儀(さいぎ)です。
農業国家である日本は、古くから五穀(ごこく)(米・麦・粟(あわ)・黍(きび)・豆)の収穫を祝う風習がありました。 その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、大事な行事として飛鳥(あすか)時代の皇極(こうぎょく)天皇の御代(みよ)に始められたと伝えられています。
古くからの国家の重要な行事であり「豊葦原瑞穂(とよあしはらのみずほ)の国」の祭祀を司る最高責任者である天皇が国民を代表して、農作物の恵みに感謝する祭祀でした。「新嘗(にいなめ)」とはその年収穫された新しい穀物のことをいいます。
新嘗祭のうち、天皇が即位してから最初に行うものを、特に大嘗祭(だいじょうさい・おおなめのまつり)といい、天皇の即位を天下に知らしめる一代一回限りの重要な祭典です。
毎年、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈り感謝するために、宮中では今年収穫された米と粟の新穀(しんこく)を天照大御神はじめ神々(天神地祇)にお供えし、天皇陛下御自身も召し上がられます。吹上(ふきあげ)御苑(ぎょえん)内にある宮中三殿(きゅうちゅうさんでん)(皇居(こうきょ)にある三つの神殿、賢所(かしこどころ)、皇霊殿(こうれいでん)、神殿(しんでん))の近くにある神嘉殿(しんきでん)にて執り行われます。全国でも新穀の収穫を感謝しお祝いします。

天皇陛下が御位に御付になる「即位礼正殿の儀」の後、はじめて行われる新嘗祭を特別に「大嘗祭(だいじょうさい・おおなめのまつり)」と申し上げます。
来年は御代がわりに伴い、「大嘗祭(だいじょうさい・おおなめのまつり)」が執り行われます。

※お近くの神社でもお祭りが行われますので、ぜひご家族でご参拝ください。

「新嘗祭」がなぜ「勤労感謝の日」に?
戦後敗戦国日本を間接統治していた占領軍(GHQ)が、米国で11月第4木曜日に祝われる「感謝祭の祝日」(英語: Thanksgiving Day)を基にして、"Labour Thanksgiving Day" (勤労感謝の日)としました。これは11月23日を単なる一休日として本来の歴史的意味を失わせ、皇室と国民が一体となった日本人の先祖伝来の大切な伝統風習の継承を妨げることを目的としているのです。
posted by 日本会議岡山 at 10:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: